LINEモバイルが「市場的に枯渇」のiPhone SEを販売終了、6sのみ取り扱いへ

デジタルライフ
スポンサーリンク

LINEモバイルは3月27日、品薄状態が続いていたスマートフォンiPhone SE(アップル製)に代わり、iPhone 6s(同)の取り扱いを開始。購入特典でLINEポイント3000ポイントを獲得できるキャンペーンを実施することも同時に発表されました。

現在のスマホ本体の大型化とは対照的に小型で手に馴染みやすいサイズ感などから、依然として日本国内での人気が高いiPhone SE。LINEモバイルの公式ブログでは「市場的に枯渇している状態で、なかなか再入荷する見込みが立たない」ことから、iPhone 6sへの移行に踏み切ったと説明されています。

公式サイトでもiPhone SEのページには「販売終了」とあり、すでにiPhone 6sに関する上記キャンペーンも展開されていることから、今後もLINEモバイルでの再販の望みは薄いかもしれません。

3月現在の実勢価格は新品で33,000円〜(32GB)。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。