(画像あり)3分でできる!エックスサーバーを解約・退会する手順

デジタルライフ
スポンサーリンク

サーバーの見直し・お引越しの時期です。

高品質・安定供給のエックスサーバーですが、価格等の事情から他のサーバーへ移管したいという方もいるのでは。

①エックスサーバーの解約②個人情報を登録した会員登録自体の退会

以上2点が必要になりますが、申請自体は3分で終わります。特に退会理由も聞かれません(さすが大手)。

画像を交えてご紹介します。

エックスサーバーの解約

エックスサーバーのインフォパネルにログイン。

 

左側メニューの「解約」をクリック。

エックスサーバーが提供する各種サービスの解約申請ができる一覧画面になります。

今回はサーバーの解約なので、エックスサーバーの「解約申請」をクリック。

利用期限日を確認のうえ、「解約申請」をクリック。

最終確認画面です。「サーバーアカウントの解約申請(確定)」をクリック。

サーバー解約の申請が受理されました。上記の通り、利用期限日まではサーバーへのアクセスは可能ですので必要に応じてデータの回収等行ってください。

念のため、左側のメニューから「契約情報」を見てみましょう。

「サーバー」タブの「契約」欄が「解約」になっているはずです。

退会(会員IDの削除)

エックスサーバーの契約時に、氏名や住所等を登録して会員IDも発行されています。

サーバーの解約も済みましたので、退会処理もしておきましょう。

サーバーの解約時と同様に、左側メニューから「解約」をクリック。

先程の各種サービスの一覧画面。

最下部、会員IDを退会するボタンがあるのでクリック。

「退会申請」をクリック。

無事に退会申請が完了しました。

退会申請できない場合

なお、上記の通り契約している全てのサービスを解約申請してからでないと退会申請はできないため、例えばドメインプレゼントキャンペーンでドメインを取得している場合、無料ドメインではありますがそれについても解約申請を行う必要があります。

その場合は「その他エックスサーバーの管理ドメイン」からの申請になります。「エックスドメイン」ではないのでご注意を!

 

いずれについても、メールで解約・退会申請の受付通知が届きます。お疲れ様でした。

代替案にスタードメインはいかが


ドメインも返上し、サーバーもドメインも一から契約し直し。

容量やスペックは下げてもいいから、ランニングコストを抑えたい・・・という方、無料のミニサーバーが付与されるスタードメインはいかがでしょうか。

スタードメイン

「.com」「.net」「.org」など主要ドメインはおおむね他社と同水準の価格帯。

特筆すべきはその付帯サービス。広告非表示のレンタルサーバーが無料で付いてくるんです!しかもオールSSD、独自SSLも無料、MySQLにも対応と、要点はきちんと押さえたクオリティ。

容量こそ3GBですが、個人サイトを作りたい方がドメイン費用だけでWordpressを運用できると考えるとものすごく魅力的だと思います。